Loading

介護施設経営の皆さまへ

在宅訪問で地域医療に貢献したい
施設の薬剤管理は私たちにお任せください

リブラでは、地域医療に貢献するために在宅医療に取り組んでいます。
店舗を持つ、あざみ野、伊勢原で高齢者介護施設への在宅訪問に取り組むだけではなく、他の地域の施設に関しても、私たちの指導のもとその地域のパートナー薬局による在宅訪問サービスを展開しています。

私たちが取り組む在宅訪問サービスでは、オリジナルの薬剤管理システム「ラーテル」を用いて、施設の皆さまの薬に関する負担をできるかぎり削減し、本来の仕事に集中していただける環境をつくるよう努めています。

また往診時には、患者様一人ひとりに対して、お薬の飲み合わせや効能効果といったご質問やお悩みに、薬剤師がお答えいたします。医師や看護師、介護士、施設職員、ケアマネージャーと情報を共有しながら、連携して患者様のケアをおこなっています。

施設入所者の毎食ごとの薬の管理をするのは大変
看護師の仕事が多すぎて薬の管理が負担になっている

そういったお悩みを持つ、介護施設を経営する皆さまはご相談ください。
お近くの薬局からの在宅訪問サービスをサポートいたします。

在宅訪問サービスの導入のメリット

1薬剤の管理にかかる負担を軽減します

薬剤師が薬局で配薬をおこない施設に運搬し、往診時に残薬管理を徹底することにより、施設内の薬剤の管理を薬剤師に一任することができます。看護師の負担の削減、薬に関するミスの削減につながります。

Before

軟膏類や定時薬が一緒に収納されていた為、お薬の紛失も多かったそうです。

After

トレイを使い毎食ごとのお薬の管理を容易にしました。この状態でご施設までお届けします。

After

軟膏類は引出しに整理収納し、定時薬はこのようにすっきり管理できるようになりました。

2薬剤の一包化による服薬ミスの防止

服用時間ごとに飲む薬をまとめてお渡しします。お名前、薬剤の種類、時間帯を明記することにより、飲み忘れ、誤飲を防ぎます。また、一包化と分包を併用することにより、減量等の対応の負担を軽減します。

3湿布剤の管理

患者様ひとり一人の湿布剤の在庫状況が管理しやすいように、必要な備品を設置管理いたします。

Before

以前は湿布剤の管理が非常に困難でしたが…

After

ご入居者様ごとに引出しを作り、誰もが探しやすく、管理しやすくなりました。