Loading

調剤薬局経営の方へ

オリジナル薬剤管理システム「ラーテル」が
調剤薬局の経営をサポートします

リブラでは、オリジナルの薬剤管理システム「ラーテル」を開発しています。

調剤報酬の改定など外的要因もあり、外来調剤だけでは経営がきびしいと感じていらっしゃる調剤薬局の皆さまに、「ラーテル」を活用した在宅訪問サービスの導入コンサルティングをおこなっています。

在宅訪問を調剤薬局経営の柱にしたい
在宅訪問のサービスを導入したい

そんなお悩みをお持ちの経営者の皆さま、お気軽にお問い合わせください。

導入パートナーの皆さまの声

薬剤管理システム「ラーテル」を導入し施設への
在宅訪問を行う薬局の皆さんに聞いてみました。

知識がなく在宅訪問の開始に躊躇
現在は施設と個人への在宅を実施しています

A薬局(神奈川県)管理薬剤師

在宅訪問はこれからの薬局に必要な業務になると考えていましたが、知識がないためにはじめることができませんでした。開始にあたっては不安もありましたが、リブラの薬剤管理システムと支援があればできると思い決断しました。

導入してみると、改めてこのシステムは非常に考えられていると実感しました。施設への在宅訪問における薬剤を管理する手間は少なく、施設の看護師さんたちにも受け入れられ、良好な関係を築くことにも役立っています。また現在は、施設向けの在宅訪問だけではなく、個人宅への訪問もおこなえるようになりました。

「在宅なんて人手不足で知識もなく無理!」と考える薬局様も多いと思いますが、在宅業務を行っている薬局には薬剤師も集まります。これからの薬局には、外来調剤と在宅訪問の両輪が必要です。リブラのシステムと支援を活用して在宅業務をはじめてみてください。

薬局と施設の双方にメリットがあるシステム
リブラから新たな訪問施設の紹介も

B薬局(神奈川県)管理薬剤師

小規模ながら在宅訪問を始めたところに、タイミングよくリブラと出会いました。当時悩んでいた部分を解決できる薬剤管理のシステムに感銘を受けたこと、リブラの考え方に共感し一緒に仕事をしたいと思ったことが導入のきっかけです。

「ラーテル」は、誤薬を防ぐだけでなく、薬剤師の施設での作業を極力減らし、施設の負担を減らすなど、たくさんのメリットがあるシステムです。またリブラからは、施設の紹介もいただいています。最近はじめた施設は新規オープンのため大変な事もありましたが、施設側のシステムに対する理解があり、協力していただいています。

薬局経営をおこなう企業には、施設への在宅訪問は今後絶対に必要な事業です。参入における悩みはあるかもしれませんが、現状このシステムより優れたやり方を見たことはありませんので、このシステムを導入できれば参入も可能であると思います。

現場のことを考えた合理的なシステム
施設のスタッフの感謝の声が在宅のやりがいです

C薬局(愛知県)管理薬剤師

私たちはもともと施設の調剤業務を行っていましたが、リブラの仕組みは、非常に施設の現場を良く理解されてつくられており、薬局、施設ともに便利で合理的なシステムだと思います。リブラのスタッフのみなさんの人柄が大変良く、一緒にお仕事をさせていただきたいと思ったのが導入のきっかけです。

リブラから新規オープンの施設をご紹介いただき、その在宅訪問もおこなっています。その施設は、清潔感があり、富士山がはっきりと望め、桜並木が美しい、すばらしい環境にあります。

在宅訪問を開始すると、はじめのうちは一包化、配薬トレイなどのマンパワーは必要ですが、施設のスタッフの方から「助かります」というお声をいただくとやりがいを感じると思います。

お問い合わせ

各店舗へのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ