Loading

リブラで働く人の声

薬剤師インタビュー

薬局に在宅診療の時代が来る
開局から店舗と在宅の立ち上げに参画

桑原 聖(くわばら たかし)さん
リブラ薬局伊勢原店 元管理薬剤師

Q.桑原さんのお仕事は?

窓口での調剤、薬剤の提供、服薬指導のほか、有料老人ホームの在宅医療への同行もします。そこでは、治療方針を医師と一緒に検討をしたり、患者様へ薬剤の説明をしたりします。

Q.なぜリブラ薬局伊勢原店に?

大学卒業後、全国展開の調剤薬局チェーンで7年ほど働いていました。リブラ薬局伊勢原店の開業時に知人からリブラ薬局の代表を紹介されたのがきっかけです。私のライフプランを考えたとき、全国チェーンは転勤も多かったのですが、リブラ薬局は、家族との時間を持ち、家を構えたいという希望とマッチしました。糖尿病の専門医の近くでの開業ということで、専門的な薬の知識を得られることもあり、薬剤師としてのスキルアップにもなると入社を決めました。

Q.リブラ薬局での仕事の魅力は?

リブラ薬局伊勢原店には、糖尿病の治療を受けられている外来患者様が多くいらっしゃるため、糖尿病の薬は新しいものも多く出てきて知識も増えます。また窓口では、調剤や薬剤の提供以外にも健康食品や食事、運動療法の提案などをおすすめすることもできます。それを実践してくれた結果、患者様の検査の値が良くなると嬉しいですね。患者様と一緒によい方法を探し、検討していけることは調剤薬局のいいところだと思います。

Q.開局当初から取り組んでいる在宅医療の魅力は?

医師と一緒に訪問するので、共に患者様にあわせた薬の提案をでき、医師や患者様の力になれることが魅力です。診療に同行させていただいて、医師の処方や処方変更の意図をその場で共有することができるのも良い点です。

高齢者が増える中で、今後、薬局にも在宅診療の時代が来ると開局当初から考えていて代表とも話していました。それが少しずつ形になってきているのが現状です。現在のリブラ薬局の介護施設向けの在宅医療は仕組みづくりから取り組んでいます。代表が吸い上げてきた施設の看護師や現場の声を聞き、薬剤師の立場で一緒に話しながら配薬の仕組み(※)をつくりあげてきました。今では施設と信頼関係をつくりあげることができる薬局になっていると思います。

Q.桑原さんのこれから

まず在宅業務は今後薬剤師にとっても必要になってきますから、しっかりと身につけていきたいと思います。またリブラ薬局は、まだ開業から3年ほどの薬局ですから、患者様と信頼関係を築き、どんなことでも相談しやすい薬局にしていきたいと考えています。

患者様の薬物治療の成功に向けて、一緒に考えてサポートできる薬剤師となっていきたいです。窓口での服薬指導と在宅調剤の療法を一生懸命頑張りたいという気持ちがある人は、一緒に働きましょう。

家庭があっても、状況が変わっても
働き方を選択できる薬局です

林 美季(はやし みき)さん
リブラ薬局あざみ野店 元管理薬剤師

Q.林さんのお仕事を教えてください

リブラ薬局あざみ野店で、外来の患者様への調剤、投薬、服薬指導をしています。
管理薬剤師であるため、外部の業者の方への対応や、パートの方のシフト管理、内部の薬剤師向けの勉強会の計画実施などもおこなっています。施設への在宅訪問の関連業務もあります。

Q.リブラ薬局あざみ野店に入社の経緯を教えてください

ひとつの理由は自宅から近いこと!

薬剤師としては、病院の薬剤部でも調剤薬局でも働いた経験がありますが、いったん家庭に入っていました。そろそろ働こうかと思ったときに、近くに新しい薬局が開業することを知りました。家庭との両立を考えると、近さは重要なポイントです。

Q.どんな働き方をしていますか?

現在は準社員という契約形態で、短い時間で働いていますが、管理薬剤師としてこの薬局を任されています。

入社当時は、扶養範囲内のパート勤務だったんですよ。その後、扶養をはずれようかというタイミングと管理薬剤師が必要となるタイミングが合致し、時短でスタッフの皆さんに協力していただく、という形で始めてみることにしました。

もちろん、勤務時間は短くても、患者様に困ったことがあればお電話で対応するようにしています。リブラ薬局あざみ野店は24時間365日対応していますから、薬局にいないときでも、連絡はとれるような体制で。

Q.リブラ薬局の魅力は?

いろいろな処方箋があるので、薬の勉強になります。また、ひとりひとりの患者様に対して丁寧な服薬指導ができる環境がいいですね。薬に不安をお持ちの方がいれば、しっかりと話を聞き説明をしてきちんと服用していただいた結果、体調が良くなっていくのを見ると、よかったという気持ちになります。

また、リブラ薬局では初めての事にたくさん出会っています。電子薬歴や施設への在宅医療もそうです。薬剤師にとっては、在宅医療は今後いろいろな薬局で取り組むでしょうから、いい経験になると思います。

Q.リブラ薬局あざみ野店の特徴を教えてください

スタッフがお互いに協力しあっている薬局です。

主婦の方や子どもがいるスタッフが多く、家庭も含めたお互いの事を思いやって、「お互いさま」と協力しあっています。もちろん、あまえてはいけません。お互いに。
困ったときや協力が必要な時にはなるべく言いやすいよう、そういう環境をつくってあげたいですね。

どんな職場でもスタッフの皆さんが協力しあうこと、それが患者様へのサービスにつながっていくと思っています。だから、協力してやっていこうと思う気持ちを持って働ける人に、ぜひ入っていただきたいです。また、立場や状況が変わっても、その状況に応じて、どういう風に働くかを相談し選択しながら働ける職場がリブラ薬局だと思います。家庭のある女性にも充実した働き方をして欲しいと思います。

Q.林さんの将来の展望を教えてください

お薬もどんどん増えていますし、知識を増やすことに努力していきたいですね。家庭との両立にいまも日々格闘していますが、バランスを考えながら状況に応じて長い年月の間、薬剤師と働いていけたらと思っています。

保育士から未経験での出発
人とのつながりを感じられる仕事です

堀 真利江(ほり まりえ)さん
リブラ薬局あざみ野店 薬局事務/在宅訪問サービス担当

Q.堀さんのお仕事は?

薬局の事務と在宅訪問サービスの担当をしています。薬局事務としては、外来の受付や電話対応、1ヶ月の医療保険の請求が主な仕事です。在宅訪問の担当としては、薬局内で配薬をおこなったお薬を薬剤師と一緒に介護施設に届けに行って、情報を共有して介護保険などの請求業務を円滑に進めています。

Q.なぜ、薬局事務のお仕事を選んだ?

この仕事に就く前、保育士をしていました。ライフステージが変化していくことを考えたとき、保育士を続けることに不安はあって。医療事務系の仕事には以前から興味があり、飛び込んでみようかなと思ったときに、リブラ薬局とご縁がありました。リブラ薬局で働く方は小さな子どもがいる人も多いこともあって、保育士の資格も持っている人を採用できたらと思っていたようです。

働き始めてから、事務の傍らベビーシッター的に子どもを見ていてあげることもありました。子どもがいる女性の薬剤師さんたちは、やむを得ない事情で子どもを連れて出勤しなければならない時もありますから。

また最初はパートとして働いていましたが、入社当時から正社員を希望していたところ、しばらくして正社員として働けるようになりました。

Q.リブラ薬局でのお仕事の魅力は?

人とのつながりを感じられることです。それが事務も在宅訪問もやりがいになっています。

施設に伺ったときに介護施設の方、おじいちゃん、おばあちゃんとお話するのは楽しいですし、「いつも、ありがとね」って声をかけてもらうことも。それは嬉しいです。

薬局では、お客さまから「ここの薬局は雰囲気が良くていいね」「ここの人に会いたくて来ている」と言っていただくこともあります。そうすると、もっと雰囲気を良くしよう、笑顔を多くしよう、と思いますね。

Q.これからどういう風に働いていきたい?

実は、もうすぐ結婚をするんです。結婚をしても、仕事と家庭を両立して、ずっとリブラに携わってきていきたいと思っています。

他のスタッフの皆さんからの協力も得られる職場なので、両立に対しての不安はまったくありません。これから子どもを産むことがあっても、ずっと仕事していきたい会社です。

Q.事務のお仕事をやってみたい方、リブラ薬局に興味をもっている方に伝えたいことは?

私自身、事務の仕事は未経験でしたが、いろいろな方に教えてもらえたから不安なく仕事をすることができました。未経験で入ってくる方もいらっしゃるでしょうから、私もそんな環境を用意してあげたいと思います。事務の仕事は全般的にやっているので、お仕事を伝えることはできますし、在宅訪問の担当に新しくなる方がいれば、私の経験を踏まえて、スムーズな仕事の進め方とかをお伝えしたいと思います。

リブラ薬局は、スタッフの皆さんがとてもやさしく明るい職場です。やってみようという気持ちさえあれば未経験でもできますから、経験ありなしに関わらず飛び込んでみてください。